Japan Antimicrobial consumption Surveillance (JACS)

はじめにお読み下さい

はじめにお読み下さい

新規参加登録

  1. 新規参加登録画面において施設名等、入力項目を埋めて確認画面にて確認後に登録を行ってください。
    ※ 一度確定した後は、施設名、住所を変更できません。やむを得ず変更が必要な場合は管理者までご連絡下さい。
    ※ 登録されたユーザID、パスワードは1施設あたり1つです。くれぐれも忘れないように管理して下さい。

ログイン

  1. 施設登録後はログイン画面より設定された「ユーザID」と「パスワード」を入力し、ログインして下さい。
  2. ログイン後に登録施設のマイページが表示されます。
  3. 「報告年の選択」から報告したい年をプルダウンから選択し、「報告年の選択」と記載されたボタンを押して下さい。

施設の基本情報の登録

  1. 上記で報告年を選択すると、当該年1月時点の施設や感染対策における現状を入力できる質問項目が表示されます。
  2. 各項目について、間違いの無いよう入力してください。
    ※ 施設間における抗菌薬使用動向と比較する際に有用と思われる指標を追加しています。不明な場合は空欄とし、正確に把握できる値のみで構いませんので入力にご協力下さい。
    ※ 入力途中でも仮保存も可能です。確認画面へ進まれる前にチェックボックスにチェックを入れてください。

使用量(AUD)、使用日数(DOT)データの登録

  1. 各月の「各使用量(AUD)もしくは各使用日数(DOT)の登録を変更する」を選択して入力してください。
    ※ページ下の「Excelファイルからの使用状況のアップロード」をお使いいただくと便利です。「使用量(使用日数)のアップロード画面」をクリックいただくと【ひな形ファイル】がリンク先よりダウンロードできます。そのフォーマットに使用量(力価)あるいは使用日数を入力した後、「使用量(使用日数)のアップロード画面」からファイルを選択し、アップロードされますと各月にデータが自動入力されます。
    ※ 使用量(力価)の入力については、医薬品によっては計算の便宜上、アンプルなどで報告いただくものもあります。詳細はシステム使用上の注意あるいは【ひな形ファイル】内をご覧下さい。
  2. データアップロードや入力後でも修正があれば、「各使用量(AUD)もしくは各使用日数(DOT)の登録を変更する」より修正することも可能です。
  3. データ入力後は「データダウンロード」をクリックいただくことで自動的にAUD、DOTが算出されたCSVファイルがダウンロードされます。
PAGETOP
Copyright © 抗菌薬使用動向調査システム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.